リスクを最小限に抑えながら、安定した事業経営をサポート

介護戦略型就業規則

常時10人以上の従業員を使用する使用者は、労働基準法の規定により、就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署に届け出なければならないとされています。
しかしながら、実際に各都道府県労働局の定期監督における発表を見ると、毎年15%前後の法違反が見られています。(就業規則の作成や変更手続きを適正に行っていない。)

就業規則はそもそも何のためにあるのか?

就業規則は一体何のために存在するのでしょうか?

届け出ることが義務だからとおっしゃる社長さんもいらっしゃるでしょうが、やはり根本は、その会社のルールや、社長の従業員に対する想い(労働条件&服務規律)をしっかり明文化し、法人も従業員もルールにのっとって気持ちよく業務に勤しむためのものであるはずです。

とくに介護分野は、先述しましたように、勤務が不規則であったり、業務上の要因から精神疾患を患ってしまう従業員の割合が他産業と比べても多いことから、そのあたりはしっかりと労使間で誤解のないように日頃からすり合わせをしておく必要があります。

介護人力塾は、社長の想いに直近の労使紛争等の裁判例も考慮しながら、世界に1つだけの就業規則をご提供致します。

就業規則の構成例
  • 就業規則本則
  • 継続雇用規程
  • パートタイマー等規程
  • 登録ヘルパー規程
  • 賃金規程
  • 労使協定
  • 育児・介護休業規程
  • 社内様式
  • 退職金規程

ほか

ページ先頭へ